FC2ブログ

ハッピーハッピー

超ビビリ~チワワのレオと元保護犬さくらとのハッピーな毎日♪

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の事

火曜日にかかりつけの動物病院に行ってきました。

例年の狂犬病のお注射と、フィラリアの検査、

レオ君の心臓病のチェック、さくらちゃんの気になる事の相談、など。

レオ君は、14歳と10か月ですが、丁度13歳のお誕生日過ぎたころ、心雑音が聞こえると言われました。

血液検査、レントゲン、エコー検査をして、僧帽弁閉鎖不全症グレード1~2との診断を受けました。

それ以来、投薬開始の時期を探ってきて、去年の夏14歳と2か月で、グレード2と言われ、投薬開始を勧められましたが、

なんとなく延ばし延ばしで、今年の1月、いよいよ、飲ませ始めました。バソトップ2分の1錠。

飲ませ始めたのに、3月の検診で、グレード3と診断されてしまいました。

レオ君はとっても元気で、ご飯もよく食べて、散歩もしっかり歩いています。

ただ、さくらちゃんとのプロレスごっこは、完全拒否です!そこまでは、無理ってとこでしょうか。



さくらちゃんは、相変わらず元気で、心臓も全く問題無しなのですが、

左目が去年の12月頃から急激に白く濁ってきました。

1月に診てもらった時は、怪我が治りかけているところで、白内障ではなく治ります、と言われました。

でも、全然良くならず、今回再度診てもらうと、角膜皮質ジストロフィーという遺伝病ではないか、と言われました。

白内障ではないので、視力はあるんだそうです。ただ白く濁っているんです。

それと、寝ている時に、びっくりして飛び起きる事がたびたびあって、その事も相談したのですが、

脳の病気からくる発作かもしれないと言われました。

ただ発作の後、意識を失うわけではなく、ふらつきもなく、普通にしているので、

夢をみただけなのでは、とも言われました。

飼い主としては、夢を見たは違うと思います。

何らかの病気のように思えてなりません。

それ以外は、とっても元気なので、しばらく様子見です。



狂犬病の注射ですが、レオ君は、高齢&心臓病のため免除となりました。

さくらちゃんは打ったのですが、今年初めて、少し元気をなくしました。

さくらちゃんも来年は免除してもらおうと固く決意しました。

さくらちゃん、推定年齢11歳だけど、レオと同じ位かもと最近感じるようになりました。

13、14歳かな?

いずれにしても、二人がいなくなることは耐えられないので、長生きして欲しいです。

こればかりは、神様にお願いするしかありません。

それと、私がうすらぼんやりなので、しっかりしなくてはなりませんね。



日曜日にお弁当を持って、二子玉川公園へロング散歩しました。

DSC_0044.jpg

DSC_0049.jpg

DSC_0050.jpg

DSC_0043.jpg




去年も今年も忙しくて、レオパパとレオさくとみんなで一緒にお花見散歩が出来ませんでした(涙)。

朝、仕事へ行く時、あまりに綺麗だったので、我が家の玄関から見えるさくらをパチリしました。

DSC_0035.jpg











スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。